« 脇見ラン | トップページ | 金沢文庫・称名寺 »

2020/12/27

材木座海岸にて

       Img_1717

 古い白黒の写真がある。父が勤め先の人たちと鎌倉の材木座海岸へ海水浴に行ったときのものだ。
 日付は不明だが、おそらくぼくはまだ幼稚園児だった。父の胡坐に抱かれている。
 写真ばかりで当時の記憶はない。

 この後まもなく父は発病し、長い闘病生活に入った。

        Img_1678_20201227182101  

 今、ぼくはその浜を歩いている。

 父の年齢の倍以上を、歩いてきた。歩いて来れた。

 足元を見る。

       Simg_1679_20201227183501    

 浜辺の小石にたくさんの穴があいている。

 いったいどれほどの年月が、この石の上を流れたのだろう。

        Simg_1681_20201227183901     
    
       
 浜に、波が寄せては返し、雲は流れ、陽が落ちてゆく。

       Img_1673

 不意に、砂地に、五体投地したくなった。

       父と来し この砂浜に 打ち寄せる 波の行方に ものをこそ思へ


« 脇見ラン | トップページ | 金沢文庫・称名寺 »

折々の歌」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 脇見ラン | トップページ | 金沢文庫・称名寺 »